整形外科・リハビリテーション科
脊椎内視鏡手術

診療時間
午前(9:00~12:00) × × ×
午後(2:00~ 5:00) ×
診療時間
午前
(9:00~
12:00)
× × ×
午後
(2:00~
5:00)
×

高度な手術を、より精確に、より安全に

最高度手術支援システムを導入

ナビゲーションシステム

Curve2

(BrainLab社製)

手術中の位置情報をミリ単位で表示

 手術中のインプラントや手術器具などの位置情報をミリ単位の精度で3D表示する手術支援コンピューターシステムです。

 これにより、より精確な手術が可能になります。さらに、広い術野を確保する必要がなくなり、患者さんの負担を減らすことが可能な低侵襲手術が可能となりました。

プレミアムモバイル

X線イメージ装置

OEC 3D

(GE社製)

 

低侵襲なデジタル手術を高精細な画像でサポート

 手術中に素早く高度な画像処理を行い、高精細な3D画像を少ない放射線量で得ることができます。

 脊椎外科で採用しているナビゲーションシステムを使用する「デジタル手術」において、その根幹となる画像を技術的にサポートしてくれています。

国内初となるOEC 3Dとナビゲーションシステム(BrainLab)を連動させた手術室

 当院では、OEC 3Dで構築した高精細な画像を、リアルタイムでナビゲーションシステムに転送できるよう、2つの機器を連動させております。

 これにより3D画像上で、インプラントや手術器具をナビゲーションすることができるようになり、より精確で安全な手術が実施できるようになりました。さらに、患者さんや手術を行う医療者の放射線被ばく量も低減させることが可能となりました。

 

脊椎手術用テーブル

proAXIS

(ミズホ社製)

患者さん、術者ともに負担の少ない姿勢で

 Tempur-Pedic医療用パッド・テクノロジーにより、患者さんの体にかかる圧力を均一に分散させることができるため、長時間の手術でも患者さんへの負担を低減させることが可能になりました。

 また、高精度に可動する手術台であるため、様々な体位(手術をする際の患者さんの姿勢)で医師が手術を行いやすい位置を確保し続けることが可能となり、スムーズに手術を進めることができるようになりました。