診療案内

理学療法士紹介

理学療法士 西 恒亮

私はスポーツに関わりたいと思い、理学療法士を目指しました。
現在はスポーツを含む整形外科全般に関わり、選手・患者様にとって症状のない効率的な動きはどのようなことか、日々考えながら取り組んで降ります。症状改善、再発予防のために対話を重ねながら少しでも選手・患者様の力となれば幸いです。


理学療法士 小保方祐貴

私は整形外科疾患の患者様、スポーツ選手のリハビリがしたいと思い、理学療法士を目指しました。患者様が実際の生活やスポーツの場面で抱いている不安から解放され、希望・目標に到達できるようお手伝いしていきます。患者様の声に耳を傾け、状態をよく観察・分析し、患者様に合った治療を実施し、信頼される理学療法士を目指したいと思います。


理学療法士 新井法慶

私は山梨県の河口湖にある健康科学大学健康学部理学療法学科で理学療法を学び、当院に入職いたしました。
私は小学校から高校までサッカー部に所属しておりました。スポーツを通じて整形外科分野に興味を持ち、理学療法士を目指すようになりました。整形外科疾患の患者様、スポーツ選手の不安を理解でき、希望や目標を達成できる理学療法士を目指しております。
謙虚さを忘れず、今後も精進していきますので、よろしくお願いします。


理学療法士 原 耕介

私の出身は新潟県です。
この地域で暮らす方々はみな温かく、第2の故郷のように感じています。まだまだ力不足な私ですが、今後はこの東前橋整形外科で、皆様方の健康のために力になれるよう、日々努力していきます。
また、学生時代バスケットボールを続けていたので、スポーツで怪我をしてしまった方々の競技復帰や、さらなる技術向上の一助になれればと思っております。宜しくお願い致します。


理学療法士 吉田竜敏

私は就職前、茨城県に住んでおりましたが、震災により壮絶な恐怖を経験いたしました。
水も電気も食料もない状況で心は荒んでいく一方でした。しかし、そのような中でともに共感し手を差し伸べてくださる多くの方々がいました。私はこの経験から、患者様の抱える不安、痛みに手を差し伸べ、ともに共感することの重要性を感じました。
リハビリを通し心から元気になっていただけるよう取り組んでいきたいと思います。


理学療法士 大塚 翼

私の生まれと育ちは、ここ前橋です。高校生の時、東前橋整形外科で釜谷先生や理学療法士の方に治療を行って頂いたことがあり、理学療法士を目指したいと思いました。私自身もスポーツ復帰する事ができ、今度は理学療法を学びスポーツ選手や患者様、地域の皆様方のために恩返し出来たらと思っています。よろしくお願いします。


理学療法士 長谷川 聖

私は、小中学校で野球、高校・大学でラグビーをやっており、スポーツをやる機会も多く怪我が付きものでした。そのようなとき理学療法士の方にお世話になり、私が理学療法士を目指すきっかけになりました。私は人から「ありがとう」と言われたときに凄いやりがいを感じます。そんな、誰からも「ありがとう」と言われる理学療法士なれるように、頑張っていきたいです。


理学療法士 西 亮介

私は小学校から高校まで野球をしており、スポーツに係わる仕事に就きたいと思い理学療法士を目指しました。自分自身も怪我を何度もして苦しい思いをしました。この苦しい思いを少しでも軽減できる理学療法士になるよう、精一杯努力していきたいと思います。


理学療法士 吉田亮太

私は小学校から約10年間サッカーに励んできました。理学療法士を目指したのは自身の怪我がきっかけです。痛みを抱えていらっしゃる患者様、怪我によって悔しい思いをしているスポーツ選手の回復のお力になれればと思います。


理学療法士 荻原滉介

私は小学生の頃から、東前橋整形外科にお世話になり、そこでリハビリと理学療法という仕事に出会い。そして理学療法士を目指して4年間大学に通い、自分の通っていた病院に戻ってきて働くことができるということを幸せに感じています。今度は自分がこの病院に貢献し、患者様にも自分と同じようにリハビリを受けてよかったと思ってもらえるよう努力していきますのでよろしくお願いします。


理学療法士 鈴木俊博

私は、中学から陸上競技部に所属しており怪我で苦しんだ仲間を多く知り、また、自分自身も怪我で苦しんだ経験をしました。その中で、このような人の手助けができる理学療法士という仕事を知り理学療法士になろうと決意しました。理学療法士になった今、まだ分からない事は多くありますが、少しでも患者様の助けになりたいため一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。


理学療法士 野中一誠

私は小学校から高校まで野球をしており、怪我をして悔しい思いをすることがたくさんありました。このような経験から、整形外科に携わる理学療法士を目指しました。目標は、患者様が満足して頂けるリハビリを提供することが出来る理学療法士になることです。一人一人の患者様を大切にし、日々精進していきます。


理学療法士 中村幸平

私は中・高校生と陸上競技部に所属しており、日頃からどのようにしたら速く走れるのか、跳べるのかといったことを考えていました。昔から人の運動機能に関して考えることが好きで、理学療法士を目指しました。就職してからは生活復帰に向けたリハビリテーションを中心に携わり、たくさんの方の感謝の言葉と笑顔をいただき、勉強させられ救われてきました。今後も知識や技術を磨き、患者の皆様と一緒に頑張りますのでよろしくお願いします。


理学療法士 長尾浩司

私は幼い頃スポーツでの怪我に苦しみ悩んでいたとき助けて頂いたのが理学療法士であり、その憧れを胸に理学療法を学んできました。少しでも辛い思いをされている患者様の症状や訴えを親身になり考え、また質の高い医療を提供できるよう日々精進していきたいと思います。宜しくお願いします。


理学療法士 木島隆一

私は埼玉県の毛呂山町にある埼玉医科大学で理学療法を学んできました。また、部活ではスポーツ医学についても学び、スポーツ現場におけるリハビリテーションにも興味を持ちました。これらの経験を活かし、患者様に普段の生活だけでなく趣味活動も楽しんでいただけるように、常に患者様の為に試行錯誤していきたいです。


理学療法士 野中理絵

私は整形外科疾患やスポーツ分野における知識や技術を高め、より良い理学療法を提供できるようになりたいと思い、当院に入職しました。患者様と信頼関係を築き、少しでも日々の生活やスポーツにおいて役立てるよう、精一杯頑張ります。


理学療法士 中澤里沙

私は栃木県の日光に生まれ、大学から群馬県にお世話になっています。小学校からバスケットボールをしていたこともあり、スポーツに関われる仕事がしたいと思い理学療法士を目指しました。生活に不便が生じていたり、痛みでのお困りの患者様のお力に少しでもなれればと思います。


PAGETOP