活動実績

活動実績について

当医院は地域社会から「何を求められ、何を期待されているか」を問われたときそれは、第1に「患者さんの満足度を最重点に考え、絶えず安全で質の高い医療を目指して努力し、ナンバー・ワンの医療、オンリー・ワンの医療を提供できる専門医院であって欲しい」 第2に「健康、福祉、介護、青少年の健全育成などにも関与して、地域住民から “この地に住んでいて本当に良かった”と心から喜んで頂ける環境を絶えず提供し続けられる医院であって欲しい」ではないかと考えています。この要望に対応できる体制を構築するため、具体的な活動目標を以下に掲げました。

活動目標

1.
安心・安全かつ先進的な高度な医療の提供である。そのために医師や医療関係者は所属学協会の活動に積極的に参加して、診療や研究活動で得られた新しい知見を公表し学術的発展に寄与するとともに、最新技術の習得に努める。
2.
医師や職員の有する専門知識・技術を地域社会に還元するために、講演会・講習会などに積極的に参加する。
3.
公開講座、研修会、講習会セミナーなどを通して、各分野の先生方が研究の成果や取得した成果を社会に還元する。また、地域社会との連携協力、住民と相互理解を深める意味で大きな役割を果たす公開講座を住民の立場に立った、住民のための、住民への講座という視点で実施する。
4.
医院の雰囲気に直接触れる機会として、地域内の高校生、小中学生を対象とした多彩な体験活動を行い、青少年の健全育成に寄与する。
5.
学習意欲や健康増進などの社会ニーズにともない、地域社会からの医院内の設備や施設の開放が要望されるが、診療に支障ない範囲で、これらの要望を実現し地域住民の体力向上に寄与する。
6.
医師・職員と住民が一体となり地域住民の生活を支援するための活動に参加し、広く社会との交流の場を作る。

以上の活動目標に対して、当医院の特色を最大限に生かした取り組みを行うべく、実現可能な活動項目を以下に掲げました。

活動項目並びに活動実績

医院外活動

1.
学会・協会活動
2.
公開講座の開催
3.
地域健康増進活動

医院内活動

1.
健康講座の開催
2.
理学療法的内容の活動
3.
作業療法的内容の活動
4.
音楽療法的内容の活動
5.
その他の活動 等

院外活動

講演活動

先生方の学会活動の成果は各分野から評価されており、公開講座の開催や講師の要請が多くあります。その主なものは、群馬県体育協会主催スポーツ医科学講演会、障害者スポーツ指導員養成講習会が挙げられます。これらの長年の活動が高く評価され、釜谷邦夫医師は平成22年に群馬県体育協会よりスポーツ功労者賞を受賞しました。

図1 スポーツ功労者賞

院内活動

健康講座

この講座は、健やかな日々を過ごすために必要な事柄を、医療・介護・福祉の 視点から各医師・職員が分かりやすく指導する内容のものであり、受講者数は毎回30人程度ですが、熱心に聴講され活発な質疑が交わされています。 質疑の中で専門医師からの補足説明や異なった観点からのコメントが大いに役立っています。

<開催された健康講座の内容>

○理学療法的内容: 肩、腰、膝、足等、身体全般治療、障害予防
○作業療法的内容: 認知症予防、老化防止、介護食の作り方
○音楽療法的内容: 癒し系内容の音楽演奏
○その他の内容: 医療機器の概要紹介・放射線の安全性・職員の接遇改善等
その割合を図に示しました。

健康講座内容

健康講座内容

理学療法的活動

  • ビデオ体操・集団体操

作業療法的活動(※会場整備中の為現在は活動休止中です)

○陶芸教室

職員のための福利厚生活動、通所リハビリテーションやまぶき職員の余暇研修、地域の人達との交流の場を提供を目的とてして、毎月2回(第2、第4火曜日)に開催しています。
講師は関口宗平先生(日本工芸会正会員)です。
図は陶芸教室の光景です。

  • 陶芸教室
  • 陶芸教室

○絵画教室

患者さんはもとより、地域住民の方々を対象に趣味を通して仲間づくり、生涯学習、そしてリハビリを目的に「やさしい絵画教室」を開講しています。初心者を対象した楽しい教室です。毎月2回(第1、第3火曜日)開催しています。
講師は高瀬 弘道先生(二科会同人、前橋市民展委員、群馬県美術会準会員 ) です。
図は絵画教室の光景です。

絵画教室

自分で描いた絵を飾り、自分で創った器に料理を盛る、自分で育てた草花が咲き誇る庭先を眺めながら、ゆっくりと料理を頂く!まさに至福の一時です。絵画教室と陶芸教室を合わせて受講すると、こんな豊かな生活が実現できるのです。

音楽療法的活動

定期演奏会

リハビリセンターが完成し待合室も拡張されたので、その一画に小ステージを設けて、昼休みサロンリサイタルを開催したいと考えています。子供の頃に聴いた曲、ふるさとを思う曲などの叙情歌で来院者に楽しんでいただく。こんな演奏会を現在 計画中です。

地域交流活動

感謝祭(旧秋祭り)
この祭りは医院主催で行われる最大の年中行事です。祭りの内容は各職場から選ばれた人達で構成された実行委員会で企画し、協力者は全職員を始め、東大室町自治会、西大室町自治会、地元有志の方々、城南地区八木節保存会、日本舞踊同好会、フラダンス・演劇同好会、地域の方々です。 来場者は当医院運営の通所リハビリセンターの利用者、地域の人達を含め、毎年600名を数えるまでになり、この地域では名物行事として定着してきました。
図は祭りの様子を示します。

感謝祭風景

その他

東前橋整形外科音頭

祭りや職場の人達が集まるとき、みんなで唄える「自分たちの歌が欲しい」と思っていたが、その願いが実現しました。誰にでも簡単に覚えられる歌詞に音頭風の曲を付けた「東前橋整形外科音頭」ができました。 作曲はカラオケ教室の北爪幸作先生にお願いしました。

東前橋整形外科音頭

「実業団ニューイヤー駅伝を勝手に応援する会」の設立

毎年元旦に行われる「実業団ニューイヤー駅伝」の応援を当医院前の沿道で行いたいと地域の皆様からの声があり、駅伝を応援するために集まって下さる人達を全面的に支援する「実業団ニューイヤー駅伝を勝手に応援する会」を設立しました。
毎年元旦は、八木節保存会の人達数十名、これに観客を含めると約300名の人達が集まり大イベントになります。

  • 実業団ニューイヤー駅伝を勝手に応援する会
  • 実業団ニューイヤー駅伝を勝手に応援する会

東前橋整形外科だより「ふれあい」

東前橋整形外科に通院をされている患者さん、ご近所の皆様とのコミュニケーションを図るために、当院の機関誌・東前橋整形外科だより「ふれあい」を発行しております。

結び

地域交流活動は医院ならびに全職員の理解と協力により企画・実行していますが、 その活動内容を改めて見直したとき、各市町村の公民館で行われている生涯学習活動と良く似たものであることにも気付きました。

「我々の活動の必要性は何処にあるのか?」そんな疑問を抱くこともありました。
「個人医院が何故このような活動を続けるのか?市町村の生涯学習に任せればよいのに!」
こんな声を聴いたこともあります。

しかし、我々は"全ての活動は健康に通じる"この言葉をモツトーに、医師と医療関係者が背後からしっかり支えてくれているのに気づいたとき、生涯学習とは明らかに差別化できる活動であることが見出され、自信と誇りが持てるようになり、この言葉を信じて支援活動を続けようと考えています。

PAGETOP